椎間板ヘルニアの手術を受けたのに・・・(築上町)

こんにちは。良くなる整体からだ快福整体行橋院長の松本です。

ギックリ腰.からだ快福整体行橋

築上町のHさんは急性な腰の痛みで来院されました。

お話を伺っていると今までも何度もギックリ腰になってきたそうです。

また3年ほど前に北九州市の総合病院で椎間板ヘルニアの手術を受けたそうですが、手術を受けても脚の痺れは一向に減らず、最近は手の指も痺れだしたそうです。

このままでは仕事に支障が出るのでは?と心配になり来院されました。

最近は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術を受けても痺れは一向に変わらず、お悩みの方が増えているように感じます。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症でも痺れはありますが、痺れの原因はそれだけではありません。

例えば脚の痺れは梨状筋症候群でも痺れますし、筋肉が硬くなり神経を圧迫しても痺れます。

それらの場合は原因が異なりますから椎間板ヘルニアの手術をしても痺れは変わりません。

Hさんのお話を伺うと、手足の痺れの原因は他にあるようです。

椎間板ヘルニア・からだ快福整体行橋

Hさんの身体の歪み検査を行うと体幹がすごく歪んでいました。

両足の中心より引かれた中央線より身体全体が右側に歪みがあり、手足の長さも左右異なります。

このように身体に歪みがあると筋肉にアンバランスが生じ、筋肉疲労を起こしても不思議ではありません。

Hさんの身体にも、やはり筋肉疲労が強くあり、硬くなった筋肉が神経を圧迫しているようです。

 

身体の歪みを整えて、手足の指先の筋肉を弛緩させると痺れは10→3程度まで軽減しました。

少し時間はかかるかも知れませんが、この様子なら改善は十分可能です。

主訴である腰の痛みも10→2程度まで改善したので初回は終了です。

 

しかし長年の歪みの癖が強い為、今夜はリセットしてもらうための自宅での過ごし方などを説明させて頂きました。

Hさん 良かったですね^^ 次回はもっと楽になりますよ♪ お楽しみに!

凄腕

キャプチャ

 

コメントを残す

このページの先頭へ