行橋市のゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)さん

こんにちは。

行橋市でゴルフ肘にお悩みなら、からだ快福整体行橋にお任せください!

肘の痛み

・手のひらを上に向けて伸ばした時に外側が痛くなる

・快調にドライバーを振っていたが、突然肘が痛くなった

・物を持つ時に、肘の内側が痛い

・素振りをしても痛くないが、ボールを打つと肘に痛みがでる

このような肘の問題にお悩みの方も、当院には多くいらっしゃいます。

 

行橋市のHさんも、同様に肘の痛みにお悩みでした。

半年ほど前から、右肘に痛みが出だしたHさんは、市内の整形外科を受診されたそうです。

 

診断結果は「ゴルフ肘」と診断され、しばらくはスポーツを控えるように言われ、電気治療や痛み止め薬を続けてきたそうです。

しかし、半年経っても痛みは変わらず、当院と御縁が出来ました。

ゴルフ肘

Hさんの身体の歪み検査をしてみると

・左足に比べて右足が短くなっています

・左足に比べ右足のつま先が外側に倒れています

・左右の膝裏が床から浮いていますが、右膝の方が浮いています

・右側の骨盤が下方に下がり、床から浮いて回転しています

・右肩に比べて左肩が下がっています

・顔は左側に傾いています

・両足の中心から引かれた中心線より身体全体が左に傾いています

このように身体全体に強い歪みがみられました。

 

身体全体のバランスを見ずに、肘だけを見ても良い結果は得られません。

なぜならHさんの肘の痛みは、打撲や骨折など直接肘を痛めたのではなく、何らかのストレスが肘にかかり痛くなったからです。

肘の痛みは「結果」であり、他に肘が痛くなった「原因」があるからです。

 

身体に歪みあり、アンバランスな状態でいると筋肉に余計な負荷がかかり、各部にストレスとなります。そして、そのストレスは多くの場合、末端の可動部にかかります。

 

身体全体の歪みを整え、各部の調整をするとHさんの肘の痛みは殆どなくなりました。

これで日常生活での不便さはなくなりますが、ゴルフでボールを打つ時も痛みがあるそうなので、次回からはゴルフクラブを持参して頂き、実際にボールを打ってもらいながらの施術となります。

 

世の中に整体は数多くありますが、このように実際に悪い動作をしてもらいながら、その悪い動作を改善していく施術法は当院のG・H療法の特徴の一つです。

なぜなら、多くの場合は寝てのみで施術を行いますが、寝た状態と立った状態、動作をした状態ではそれぞれ身体の使い方が異なります。

また、素振りのみの状態とボールを打ったインパクト時は、身体にかかる負荷も異なります。

いくら寝た状態で身体の歪みを整えても、実際の問題を解決しないと意味がありません。

なので当院では、Hさんの困っていることを解決するため、実際にボールを打ってもらいながら、肘を動かしてもらいながらの施術を行います。

 

もし、あなたがゴルフ肘などの肘の問題でお悩みなら、ぜひゴルフクラブを持参してください。

 

回復効果

キャプチャ

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ