行橋市のシンスプリントさんからの差し入れ

こんにちは。皆さん 最高ですか?

いつもパワフル150%からだ快福整体行橋の松本です。

5cf17b4aed0c57b6c404e6611437256a_s

行橋市からシンスプリントで来院中のKさんから、おはぎの差し入れを頂きました。

シンスプリントとは、ランニングやサッカーなど走ることが多い競技をしている方に多い下腿の内側の慢性痛のことです。

運動中や運動後に痛みが発症し、痛みを我慢していると走れなくなります。

 

Kさんは高校の部活で陸上競技を行っていますが、昨年より右足下腿が痛くなり、病院では「シンスプリント」と診断され、長期間の休部を余儀なくされたそうです。

しかし、今年は高校生活最後の部活ということで、なんとか大会に出たいと思い当院と御縁が出来ました。

シンスプリントやオスグットなどの下腿に問題のある方の多くは、体幹が歪み、片側の外側(小指側)に体重をかけるクセがあります。

本来は親指側に体重をかけるのが正しいのですが、小指側に体重をかけると踵が内側に入り込みます。

すると下腿には余計な負担がかかり、痛みが発生します。

 

Kさんも靴底を見てみると片減りしていました。

しかし、下腿が痛いからと言って下腿のみを施術しても根本解決にはなりません。

なぜ下腿が痛くなったのか?原因を究明して解決しないと再発の恐れがあります。

 

Kさんには、身体全体のバランスを整え、足首や股関節などの細部の調整、30秒でできる体幹トレーニングを行いました。

先週から徐々に部活を再開したそうですが、経過は良好だそうです。

Kさん 良かったね♪ 部活や高校生活をエンジョイしてくださいね^^

DSC_0283

 

 

 

回復効果口コミ

コメントを残す

このページの先頭へ