行橋市の背骨が曲がっている(側弯症)・歩くと足の付け根が痛いさん

こんにちは。

行橋市の口コミNo.1整体院の松本です。

行橋市のAさんは以前から周囲の人達に「背骨が曲がている」と言われ続けてきたそうです。

s_016

ご自分でも鏡を見ては、背中の曲がりは解っていたそうですが、どうした良いのか解らず気になっていたそうです。

しかし、昨年末から歩いていると足の付け根辺りが痛み出し、生活にも支障が出だしたそうです。

近所の整形外科に行ってみるとレントゲン検査の結果は「骨には異常ありません。もう歳だからしかたがありません。とりあえずリハビリに通ってください」と告げられ、週3日のペースでリハビリに通っていたそうです。

 

この「骨には異常がありません」とは、骨に歪みがないという意味ではありません。

なぜなら骨(骨格)は見た目でも解る位に歪んでいるからです。

では、どういう意味かというと「骨折やヒビは入っていません」という意味です。

日本の現代医学では、骨格や骨盤の歪みは起こらないという考え方です。

なので医師が身体を触って、筋肉の緊張や骨格の歪みをみることはありません。

 

整形外科では異常がないと言われたAさんですが、骨格は大きく歪んでいました。

・両足の膝裏が床から浮いています(特に左足)

・左の骨盤が床から浮いています

・右側の骨盤が左側に比べて下方に下がっています

・左側の背中が床から浮いています

・右肩に比べて左肩が下方に下がっています

・身体の正中線から身体全体が右側にずれています

・顔が右側に倒れ、傾いています

特に骨盤の歪みが大きく、背骨も大きなS字カーブを描いていました。

 

このように身体に大きな歪みがあると股関節にも影響が出て、歩いていると付け根が痛くなる可能性があります。

まずは身体全体の歪みを整え、特に骨盤、股関節周辺は念入りに施術を行いました。

 

施術終了後の再検査では、施術前は左足のみで立つと付け根付近に痛みがありましたが10→3程度に。

片足立ちではグラグラしていましたが、しっかりと立てるように体幹も整っています。

また身体全体も軽くなり、各動作が楽に出来る様になったそうです。

 

この様子なら、家事や買い物が楽に出来る様になる日も遠くないと思います。

子供さんやお孫さんの顔を見に京都に行きたいと仰っていたAさん。

安心して下さい!京都旅行を楽しみにしていてくださいね♪

images行橋 マッサージ

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ