シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)・下腿の内側の痛み

5cf17b4aed0c57b6c404e6611437256a_s

当院は開院以来、多くのスポーツ障害に悩むアスリートの問題解決のお手伝いをしてきました。

・試合が近いから練習をしたい!でも痛くて練習できない・・・

・今まで頑張ってきたんだから、諦めたくない!

自分の実力を出し切って、悔いのない試合をしたい!

骨がミシミシときしむ感じがする!

走ると痛い!練習した後に痛い!

・少し楽になっても、練習をするとすぐに痛くなる!

 

ここではシンスプリントや下腿の内側の痛みについて詳しく書きましたので、じっくりとお読みください。

 

〇シンスプリントについて

a0001_009723_m

マラソンやサッカーなど走ることが多いスポーツを行っている人に多く、運動時や運動後に下腿の内側に慢性的な痛みがあります。

人によっては、下腿の外側に痛みが出る場合もあります。

過労性脛部痛とも言い、痛みを我慢して走っていると走れなくなってしまいます。

病院では疲労骨折と診断され、長期間の運動を中止させられることも多々あります。

時間が経つと非常に治りが悪くなり、早期の治療をお勧めします。

 

〇シンスプリントにはこんな治療をします。

下腿に痛みがあると、日常生活でもとても不便ですよね。

当院では、アナタの身体の状態や痛みの原因、痛みの具合などを徹底的に調べ、アナタに最適なオーダーメイドの施術を行います。

当院では、決して痛い施術は行いません。

少しくらい痛くても、仕方がない!

は間違った考え方だと考えています。なぜならそれは傷口をさらに広げる行為だからです。

当院はアナタのツラさと真剣に向き合います!

どんな些細な事でも、お気軽にお尋ねください。

 

〇シンスプリント・下腿の内側の痛みが改善した患者様の声

●Hさん 豊前市 会社員

お陰でマラソン大会にも出ることができました。

練習中も全然痛くないです。

ありがとうございました。

00220(3)

●Aさん みやこ町 会社員

突然、左足の内側に激痛が走るようになり、大好きなテニスもできなくなりました。

整体は初めてで、半信半疑でしたが来てみて良かったです。

これからもよろしくお願いします♪

imagesCADUE0EO

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ